プロフィール
PHOTO*TIKA(フォトチカ)
profilephoto
PHOTO*TIKAは、2011年3月11日に日本で起こった震災を受け、同年4月に開設された
フォトブログです。

「2011年の日本の春の風景」を記録し共有する場所として生まれ、有志のみなさまから投稿
いただいた写真を、日本語・英語のコメントと併せて掲載してきました。
(開設当初のごあいさつは、こちらでご覧いただけます。ご一読いただけると幸いです。)

桜の季節の終わりとともに活動を停止していたPHOTO*TIKAですが、この度、活動を再開する
運びとなりました。

今回私たちが募集するのは、「食」にまつわる写真です。

ご存じのとおり、私たちはいま、福島第一原発の事故による放射能汚染問題のただなかにあります。

震災と原発事故は日本に住む私たちの生活に大きく影を落とし、私たちは「豊かさ」と「安全」
についてもう一度考え、答えを出さねばならない状況にあります。

私たちにとって、「食」は「生きること」に直結する行動であるのと同時に、日常に存在する
「喜び」であり「楽しみ」であると思います。

2011年の春に咲いた桜の花をみつめ、そのうつくしさを皆でわかちあったときと同じように、
今度はこの場所で食の風景を記録し、共有していきたいと考えています。

写真には、私たちの日常の喜怒哀楽、共に食卓を囲む誰かへの思いやまなざしとともに、
未来への不安や揺らぎが写りこむことでしょう。
そこに希望や変わらぬ幸せもまたあることを願いつつ、私たちはこの記録を、世界に向けて
発信したいと思います。

このブログが…もしくは、ここに掲載された1枚の写真が、少しでもあなたの心に触れることが
できれば幸いです。

                          2011年7月 PHOTO*TIKA あやか&あいこ


☆★ PHOTO*TIKA では、食卓の写真を投稿してくださる方を募集しています!☆★

写真投稿にご協力いただける方は、phototika_r@mail.goo.ne.jp宛てに空メール
(何も記載していないメール)をお送りください!

自動返信メールにて、投稿方法をお伝えいたします。

なお、投稿いただいたお写真は、自由が丘FM 「ミルキーウェイ〜君への近道〜」で
ご紹介させていただく場合もあります。あらかじめご了承ください。 

※「ミルキーウェイ〜君への近道〜」は、PHOTO*TIKA 管理人あやか(緒川アヤカ) が
  パーソナリティを担当する、コミュニティFMの番組です。
  隔週(毎月第1週・3週)金曜日 12:00〜13:00 オンエア(生放送)で、
  WEB上から視聴することができます。
  自由が丘FM WEBサイト

  また、これまでの放送は、Ustreamのアーカイブで視聴が可能ですので、
  こちらもどうぞよろしくお願いいたします!

連絡先:phototika☆mail.goo.ne.jp
(スパム対策で本来@の箇所を☆マークにしています。お手数ですが☆を@に
 直してメール宛先としてください。)


PHOTO*TIKA
管理人 あやか あいこ

☆★Special Thanks!☆★
ブログ設計&デザイン:ひの
英文監修:Martha

-----


Three months have passed from the huge earthquake that had occurred on March 11th, 2011. Our daily life has changed because of the accident at the nuclear power plant. Especially, food safety is becoming important.

We, PHOTO*TIKA, are going to start to collect meal photos and messages from the world again. Because we want to record our "daily lives" including the "changes" caused by the disaster and the accident at Fukushima.
The purpose of this site is to let the world know that every time when we have a meal, not only do we feel happy to have a meal with friends or family, but also we feel uneasiness to the future. Forexample, food safety, children’s health, and government trust.

The food contaminated by radioactive materials changed our meal situations. This food problem has forced us to consider what we can do, if we don't believe the standard of food safety set by government.

For example, some people think tap water is ok to drink, others don't. (Before March 11th , tap water could be drunk everywhere in Japan.) Some parents don't worry about where the food for children was grown, others do.
Even if you want some vegetables that were grown in Western Japan, you would not find them at the super-market you usually use. Even if you want to let your children have totally safe food, you can't stop school meals from using vegetables which were grown in Fukushima.
Although we are in such a difficult situations, we are coping with food problems by ourselves.

For this reason, we are critical of government policies that are under the slogan of "GANBARE NIPPON” which attaches great importance to solidarity of the nation for Japan’s recovery. They tend to ignore discussions about our daily life.
We think the only way for Japan to recover, is to accumulate many new choices for our daily lives. We can’t rely on previous way of living.

PHOTO*TIKA is one of the opportunities to share the importance of our everyday lives. The meal photo diary of PHOTO*TIKA would sniff out "the various stories of recovering JAPAN" of each of us, which the poster of "GANBARE NIPPON" can't do. Please come to our page and experience for your selves.

If you are intrested in our activity, you can send messages and photos to us by the e-mail. our email is 1qAum8@m.30d.jp
This activity is also a fundraiser for “Save the children Japan” through the system of “Just giving Japan”. If you are impressed by the meal photos, you can donate to the “Save the children Japan” which is an inter national NGO to supply food for children in damaged areas.

sincerely Ayaka and Aiko.
Web Design: Hino
English Supervisor: Masami



-----



Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
写真投稿方法
写真投稿にご協力いただける方は、phototika_r@mail.goo.ne.jp宛てに空メール (何も記載していないメール)をお送りください!
自動返信メールにて、投稿方法をお伝えいたします。
『CIVIC FORCE』への募金活動の記録
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM